アクセスランキング
1代目OLさんが引退したので、その続きを書いていくわ♪
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ♪西国三十三所巡礼の旅 第14弾!番外 華頂山 元慶寺
2009年11月25日 (水) | 編集 |
西国三十三所巡礼の旅 第14弾!その1は、京都市山科区にある「番外 華頂山 元慶寺(がんけいじ)へいってきました。

最寄駅は京都地下鉄東西線御陵(みささぎ)
               元慶寺01
駅の改札を出るとお寺までの行き方の案内が出てました。

それでもちょっと分かりにくいので、道案内。
元慶寺02元慶寺03
3番出口を出て左へ(ローソンが隣にある)まっすぐ

元慶寺04元慶寺05
一つ目の信号を左。この左が左手に道が2つあるが、くの字ががキツイ方へ曲がる。
元慶寺06元慶寺07
ひたすら、ひたすら真っ直ぐ。真っ直ぐ行くとトンネル(JR)をくぐる
元慶寺08元慶寺09
トンネルを抜けても真っ直ぐ真っ直ぐテクテク。花山中学校が出てたら横をまた真っ直ぐ進む。
元慶寺10元慶寺11
花山中学校を越えたすぐの信号を右へ。ちょっと行くと上の写真のちょっと分かりずらいけど、右に曲がれる場所が出てくるので、この小道を右に曲がる。


元慶寺12
「元慶寺」へ続く道が出てくるので、真っ直ぐ。
元慶寺13
「元慶寺」はこじんまりした緑おおい茂るお寺。
元慶寺14
左手に本堂?
元慶寺15
奥に納経所がある。こじんまりしてすぐに参拝できる。

このお寺で収穫が!お礼参りのお寺についていろんな説?があって正直どこにいけばいいのだろう??と思っていたら、納経所のおじいさんが「満願したらどこにいけば分かるか?」と聞いてきたので「自分の宗派の本山」と答えたら「そう。善光寺になんていかんでいいから(善光寺は別に西国三十三所の正式なお礼参りのお寺というわけでは、ないのだけどそう思ってる人が多いみたい)」「あと一つは(納経軸には正式番外3箇所+2箇所朱印押す枠があるのがほとんど)自分のお墓のあるお寺でいいよ」と、西国三十三箇所の中にお墓があるお寺が入ってるというと「じゃ~三十三間堂にいけばいいから、そこには1000体の観音様がいるから、観音巡りのお礼参りにはいいよ」と。

悩んでいたので、すっごくいい事聞けて嬉しかった!そういえば、西国三十三巡りを始めた時、京都の清水寺に一番初めにいったけど、その前に「三十三間堂」に行ってたので、何やら素晴らしいご縁を感じるわ。


コメント
この記事へのコメント
元慶寺さんでは私も三十三間堂を薦められました。
番外さんですのでそういった相談が多々あるのかもしれませんね。
2009/12/04(金) | URL | honour #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。