アクセスランキング
1代目OLさんが引退したので、その続きを書いていくわ♪
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ♪ベルギー旅行 4日目 デュルビュイ編
2009年03月10日 (火) | 編集 |
日曜日のアントワープを満喫した後、最初は行く予定していなかったけど、ベルギ-に行くって事でいろいろ調べて、とても評判がいいので、行きたいー!って気持ちが一番強くなった場所へ~。ワロン地方もせっかくだから行ってみたかったのだ。

ベルギー210とりあえず、アントワープ中央Antwerpen-Centraal駅へ。
ミサのせいで次の場所が遠かったので、12時の列車でアントワープを出ようと予定してたけど、アントワープを出たのは14時(効率よく行くルートだと2時間に1本なんだもの)~まあそれでも自己作成スケジュール想定内のタイムスケジュールだったけど


ベルギー211列車で移動の途中~窓から外を見るとちょうど乗り換えるブリュッセル北駅あたり見えた、建物の中に水着を着たマネキンが飾ってあるショーウインドーを発見!へえ~こんな寒い時期にも水着なんて売ってるんだ~と思ったら、隣も水着店?、と二つあったマネキンの一つが動いてびっくり!!ひえ~一つは"人マネキン"なんだー!すごーい!本物のマネキンみたいだー!とその"人マネキン"のプロポーションに感心して見ていたら、隣も水着きたマネキンが飾ってある、その隣もその隣も~しかもどうやら全てマネキンじゃなくって人!そして1カ所に男性の人だかりが~この辺りでこれは水着ショップじゃないんだと気づく~!いわゆる飾り窓ってやつですか?いや~にしても、何軒も同じような店が並んでたけど、全員が本当にマネキンみたいなスタイルの良さだったよ~。昼間だからか男性が群がっていたのは1カ所、どんな美女だったのだろう~



さて行き先は・・・・
”世界一小さい町”といわれているデュルビュイ(Durbuy)! 
Durbuy観光局HP

ベルギー212アントワープから目的地のデュルビュイ(Durbuy)の最寄り駅の「Barvauxバルボー」駅までは、途中乗り換え2回ありのIC+L(ローカル)を使って所要時間2時間50分~!今回の旅でベルギー内で一番長い移動時間です。まずは「アントワープ中央Antwerpen-Centraal駅」から”ブリュッセル南Bruxelles-Midi駅”行きに乗って、40分ほどで「ブリュッセル北Bruxelles-Nord駅」到着。北駅で”ルクセンブルグLuxembourg 行き”に乗り換え、


ベルギー214ベルギー213
1時間32分ほどで「マルロワ(Marloie)」駅に到着。そこで15分ほどまって”ハースタルHerstal 行き”に乗り約18分でやっと目的地の「Barvauxバルボー」駅に到着!

ベルギー215実はこのデュルビュイ(Durbuy)が今回の旅での一番の難関になるはずだったところ。ネットでいろいろ調べたが、最寄の駅の「Barvauxバルボー」駅は無人駅で電話なし、デュルビュイ(Durbuy)まで車で10分くらいはかかるそうで、徒歩ではちょっと厳しいらしく、バスがあるが時刻表も分からないし、日に1~2本と言われてて時期によっては運行なし。電車の場合はタクシーを呼ぶらしい(近くのカフェで何か飲んでタクシー呼んでもらった人もいるらしいが、そのカフェまでも少しかかるらしい)ちなみに電話は駅からすぐにあった気がします。


そして本当に無人駅~。とここからラッキーの連続でした!スピリチュアなお友達がよくお祈り(何かうまくいってほしいことを普通に「○○になりますように」とお祈りするだけなんだけど)してそれがうまくいってるので、私もBarvauxバルボー駅に着く前の列車の中で「Durbuyまでスムーズにいけますように。誰かが連れてってくれますように」とお祈りしてた~。

駅を出ると噂通り無人駅~近く見回してもカフェもなし~困ったな~と。どうやって行こうかなと思って、列車から同じく下りてきた人に「Durbuyに行きたいのですが・・・」と声をかけると、「Durbuy?」といってちょっと悩んでたが、するとちょうど脇を通りすぎようとした車の窓をトントンたたいた(曲がり道だったので、減速する場所だったのでトントンできたの)、すると運転手さんが窓を開けて何事かと聞いてきた~その男性はその運転手さんに「Durbuyに行く?この子達がDurbuyに行きたいらしいから乗せてやって」と多分w言ってる模様~。その運転手さんはどうやらDurbuyには行かないらしいが、少し考えて「いいよ!Durbuyまで乗せてってあげるよ」と(多分ねw)
なんとDurbuyまで乗せてもらえることに!!超ラッキー!どうやって行こうか悩んでた場所に、タクシー呼んでも来るまで時間がかかるだろうに、駅についてから5分もたたないうちに、Durbuyまで行けることに!!(本当にあっという間に交通手段が見つかってびっくり!)二人してキャー!キャー!メルシー!メルシー!サンキュー!を連発~。


ベルギー216その連れてってくれたおじさんの車の中~。ここで懺悔ー。車で連れてってくれるのが、あまりに嬉しかった為。すぐさま車に乗り込んで出発ー!してしまい。最初に声かけて、車を止めて交渉してくれた男性にしっかりとお礼を言うのを忘れてしまいました。彼がいなかったらこんなにスムーズにいけなかったのに・・・本当にすみません。そして本当にありがとうございました!本当に感謝します!


ベルギー217
10分程度で着きました~英語は無理そうだったので、おじさんとは、たいした会話もできずに終わりましたが、最後にお礼の言葉を何度も言ってお別れ~。本当にありがとうーございました!メルシーぼく~!


デュルビュイに着きましたーー!!この素晴らしいラッキーで嬉しい出来事に友達と驚喜しつつ、デュルビュイ見学~
ベルギー218

すっごくかわいいー!!街!(街って言われてるけど、正しくは”市”らしい)今回行ったベルギーの中でも一番昔っぽさが残ってて、童話みたいな街でした~。
ベルギー219
こ~んなのとかあったり、古い自転車を置きっぱなしにしたのも街のデザインの一つとしてあったり。ステキ~
ベルギー220
この写真では人が少ないけど、実際はかなりの人!どうやら近隣から来る人がたくさんみたい~。日本人は数人にであったけど少なかった。
ベルギー221
本当に1時間ほどで見て回れる街~なのにレストランがめちゃ多い!8割がレストランじゃないかと思うくらい。一般家庭なんてあるのか?ってほど。パン屋さんや肉屋さんやおみやげ物屋さんもあり。

ベルギー222
こんな小さな路地がたくさんあって、どこも風情があってきゅん!
ベルギー224
お城みたいなのもあるのよ~(入らなかったけど)
ベルギー226ベルギー227
大きな駐車場エリアあって、ほぼ満車!どうやら皆ここに食事にくるみたい~夕方になってどんどん車がきてた~。私達もどこか食事をとろうということに。


事前にデュルビュイ内のレストランの評判よさげなところをメモっていったが、最終的には一番有名なホテル&レストランで皇太子夫妻も泊まったというル・サングリエ・デ・ザルデンヌ (Le Sanglier des Ardennes)』にしたー!これが後から功を奏した!本当にラッキー~。

☆トリップアドバイザーの「ベルギーのブルージュ」の”お役立ちリンク集”の「おすすめブログ」として掲載されました~→こちら

お食事内容が見たい方は続きはこちら↓
こちらのレストランは基本 お外席~。ユル・ブリンナーのような(知らないか~皆)スキンヘッドのちょっと目力の強い店員さんに食事したいとの意思表示(旅行中は会話じゃなくって、常に意思表示だったわ)~
ベルギー230ベルギー229
さてまたもやラッキーな事にメニューはフランス語~よく分からないが、とりあえず35ユーロのコースにしようして、チョイスメニューに悩んでいたら、店の前を東洋人の厨房スタッフが通りかかった、スキンヘッドのサービスの人がその人を呼びとめ~どうやらメニューが分からないみたいだから聞いてやってくれって言ってるっぽい、その東洋人が私達に「日本人ですか?」と。日本語だー!日本人だー!きゃー!わーい!と、コースメニューの内容を全部説明してもらった~。内容がすっかり分かって、注文も取ってくれるというので、オススメも聞いて自分達の好きなメニューを伝えた~や~ん最終日にやっと料理内容ちゃんと理解してから注文できた~~~ヤッター!
ベルギー245ベルギー232
私達の席22番~。外国人みたいにテラス席での食事は最高~!絶好のロケーションに位置してるので、街中も見渡せていい感じ。さきほどの東洋人の厨房スタッフさんは、他のお店の人かと思ったら、このレストランのスタッフで東京から修行に来てるらしい~。東洋人だからといって日本人とは限らないもんね~なんてラッキー!ついでに帰る時にタクシーを呼べるか聞いておいた~OK!順調!
ベルギー235

ビール!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!デュルビュイのビール!私が飲んだのは黒いビールの方だけど、今回ベルギーで飲んだ中で一番美味しかった!くぱー!
ベルギー236
グリッシーニ?とオリーブオイル他~ビールのおつまみ~クパー!
ベルギー237
パン~。ロキソニンのおかげで食べれる~意地でも食べる~気力よ!
ベルギー238
前菜~。猪の生ハム~!なんとも言えず、野性味があるような感じで旨い~~!!実は店名の「Le Sanglier des Ardennes」は、アルデンヌの猪という意味なのだ~。お店の看板や紙ナフキンにも、猪のマーク入り~(但し日本人には分かりにくい絵だ)
ベルギー239

メイン~。私が頼んだプラス7ユーロのオマール~。上の細く切られた野菜がちょっとモヤシみたいで、もやしラーメンのよう~。伊勢海老美味しい~!但しブルージュで食べたガーリックの方が味付けは単純だけど美味しかったかな~。
ベルギー240
友達が頼んだ仔牛~(ブレブレ~)フォアグラ乗ってる~ん
ベルギー241ベルギー242
すっかり日も暮れてきた~。と、さっきの日本人厨房スタッフさんがきて、なんと!帰りの何時の電車に乗るか聞いてくれて、それに間に合うようにお料理を出してくれて、しかもお店の人がBarvaux駅まで送ってくれるという!なんてラッキー!なんて素晴らしい!なんて嬉しい!なんて親切なのベルギー人!o(iДi)o いや~実はデュルビュイに着いた時に「ラッキーだったね~。帰りも誰かに乗せてってもらえたらいいね~」とずうずうしい事を言っていた。で一応「帰り予定の列車の時間に間に合うように、誰かに送ってもらえますように」とお祈りを捧げておいたのだ~。本当にまったくその通りになってびっくり!友達もびっくりしてたーw。祈りのパワー炸裂!
ベルギー243

私が頼んだチョコレートのデザート。(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!下の白いのはなんだったけな~ココナッツかな~もう忘れちゃったけど、頼んでよかったと思ったことは確か。
ベルギー244
友達がチョイスのアイスのチョコレートがけ~。小鍋ごとチョコレートソースをもってきてくれて、かけ放題~(友達はかけなかったけど)
ベルギー246ベルギー247
コーヒーとプティフール~。ほわ~ん ベルギーにきて初めて美食を味わえた感じ~。遠かったけど来てよかった~嬉しいことばかり。

お店の人が二人、で店前に向かえにきてくれて、それに乗ってBarvaux駅まで。本当にいろいろありがとうございました~。感謝感激です!デュルビュイにいかれる皆様~ただいまなら日本人厨房スタッフが『ル・サングリエ・デ・ザルデンヌ (Le Sanglier des Ardennes)』におりますので、ステキなレストランとユル・ブリンナーに(頭が)似たサービスの方にも会えるので、ぜひ!ご利用を~♪次回は宿泊してみたいな~。

予定候補していたBarvaux駅19:11発の列車に間に合って、行きと同じくMarloie駅で乗り換えて、ホテルのあるブリュッセル中央駅へ~帰りは2時間10分。と予定では21:23にBruxelles-Central駅に着くはずだったのに、中央駅を通り過ぎBruxelles-Midi(ブリュッセル南)駅まできてしまった!到着駅に近づいてきてからは、下りる駅を見逃さないように目を凝らしたいたが、Bruxelles-Nord ブリュッセル北駅に着き、次かなと思っていたら次の駅に一切表示なし!アナウンスもなし!北駅の次が中央駅のはずだけど・・・でも表示がない~と迷ってる間に列車は出てしまい次の駅に~。でそこが南駅で終点~やーん!乗り越したー!結局南駅から中央駅へ戻ることに~。中央駅に予定時間より遅れて到着~。本当に駅のホームに表示がないの~利用度高い駅なのに~友達曰く、ヨーロッパで何駅かの表示もなくアナウンスもないところが結構あるらしい~。なんでそんな不便な事w?皆様ブリュッセル中央駅には表示がないので注意!こんな不便に思うのは日本人だけかと思ったが、翌日中央駅でエアポート行きの列車を待っていたら、中央駅に着いた列車から降りてきた、欧米人が「ここはどこ!!何駅!」と聞いてきた~。あきらかに東洋人旅行者の私達に聞いてくるくらいだから、この人も何駅か分からず困っていたのだろう~。ベルギー国鉄に改善を求む!


コメント
この記事へのコメント
>OLさま

なんという幸運!こんな親切に接したらすばらしい旅の思い出になりますよね!
私なんて交通の便の悪さが億劫でDurbyにはまだ行ってません。

続きが楽しみです。
2009/03/09(月) | URL | usagi #q1cvaNjE[ 編集]
>OLさま

ついに、しかもグルメの憧れの地であるアルデンヌで美食にめぐり合えてよかったですね。
召し上がったのは35ユーロのムニュですよね?素材を生かしたシンプルな料理という印象ですが、写真を見ているだけでおなかが減ってきました。
2009/03/09(月) | URL | usagi #q1cvaNjE[ 編集]
> usagi さま
本当になんという幸運です!
そうそう交通の便の悪さがネックで友達は心配してました~
まあタクシー呼ぶしかないだろうな~と思ってましたが
こんな親切に出会えて、しかも海外で!感激ひとしおでした~
私も人に親切にしてお返ししよっと。
どうやら車で行くのが一番いいみたいです。ほとんど車で
くる人ばかりでした~。他のお店全ていってみたいです。
どこも美味しそうでした。

デュルビュイはワロン地方じゃなくてアルデンヌなんですか?
店名にもアルデンヌってありますが
グルメの憧れの地なんですか~ベルギーの中でもそういう地域が
あるんですね~他にはどこなのでしょうか?
そうです35ユーロのメニュー+カフェを注文しました
そうですね~洗練されたというより、親しみやすさのある
感じですかね~。なかなか美味しかったです。おかげで
食べてる間は顎の痛みは忘れてました
2009/03/09(月) | URL | OLさん #-[ 編集]
うらやましい限り
OLさま、
無事行けてよかったですね!!
何度かベルギーには行きましたが、とても無理、とデュルビュイは断念していました。飲まれた地元のビールもわりと有名だと思います。
アルデンヌはワロンの一地域になりますが、生ハムなども有名だと思います。
デュルビュイのレストランで修業された日本人シェフは、金沢のル・マルカッサンと有楽町のアントワープ・セントラルにいらっしゃったと思います。
南駅からだと戻る列車も多いしプレメトロもあるのでなんとかなるとは思いますが、中央駅の表示は、ホームによっては見えにくいかもしれませんね。長距離列車だと車内に表示がある車両が多かったように思います。ストラスブールから乗ったらフランス国内では表示せず、ルクセンブルクに入ったら表示を始めたのが記憶に残っています。
2009/03/09(月) | URL | エヌ柿 #JalddpaA[ 編集]
デュルビュイはアルデンヌ地方にあります。ワロン地域はアルデンヌを含むより大きな枠組です。

アルデンヌはジビエの名産地で、狩猟解禁の時期になるとそれを求めて食通の人たちが集うところです。ベルギーでは最高の、ヨーロッパでも指折りのグルメの地だと思います。お食事されたホテル兼レストランの名前もそういったところに由来するのでしょう。あちらではアルデンヌのハムなんていうのはブランドになってます。

ホームページのメニューを見ながら、私ならどれを選ぼうかなと考えていたのですが、前菜はOLさまと同じものにしそうです。メインは迷いますが、イノシシ尽くしにしてしまうかもしれません。
2009/03/09(月) | URL | usagi #q1cvaNjE[ 編集]
>エヌ柿さん
本当に良かったです~友達は心配してましたからね~
ベルギーに何度かいった方でも、デュルビュイは行きにくくて
行ってないんですね~。日本からなら多分ツアーだとバスで
行きやすいでしょうが、車でないと確かに難しいでしょうね
バスの時刻表がどこかに載ってるといいのですが、
帰りのバスは夕方には終わってしまうみたいです
生ハム有名なんですね~小さい町なのに肉屋さんが3軒ほど
あるそうです。翌日帰国じゃなかったらホテルで食べる用に
肉買っておいたのになあ~
おお~デュルビュイ出身のシェフが日本に~すごいな~
今回東京からきた見習いコックさんもいつかは店を出すのかしら?
中央駅の表示はものすごおおおーく探したら、ホームのまだ
暗い箇所(照明が届いていないような)端に
グレーの色にグレーの文字(単に凹凸だけ)で見つけました。
本当に私がお金出すから表示つけて!って思いましたよ
(2万円くらいなら。。。)
ほとんどが北ー中央ー南と止まるのでしょうが。一応間に
駅もあるので(ローカルでしか止まらないかもしれませんが)
慣れてない旅行者には不便です~

今度ベルギーに行く際には、ぜひ祈って「デュルビュイ」まで
いってください~祈るのです~

>usagiさん
ほうほう~なるほど~ワロン地方の一地域ですか~
そういえばアルデンヌの森とかガイドに書いてありました
ジビエ大好き!へえ~ハム有名なんですね~肉かっておけば
よかったかな。
HPあったんですね~教えてくださってありがとうございます
メインは猪とかぶらないように&日本人厨房スタッフさんの
おすすめも参考にしてチョイスしました。
メインの猪もおすすめしてました~。
(私はちょっと顎の事考えて、肉はひかえたんです。)
他のレストランもいってみたいですね~
2009/03/09(月) | URL | OLさん #-[ 編集]
>OLさま

アルデンヌのパテなんかも良く見かけますよ。朝食の際に小さな瓶詰めのが出たり、サンドイッチ屋さんで具に使われていたりします。召し上がられましたか?

あちらでは日本に比べて魚介類の多彩さに欠けるので、帆立や牡蠣がメニューにあると「ああまたか」などと思ったりすることもあります。ただ現地に住んでいると魚メニューのほうが嬉しいことが多いので、そちらを選びそうな気もします。牡蠣などは実に素晴らしいものがありますし。

顎の不安をお持ちだったので、メインの猪肉はちょっと厳しかったかもしれませんね。

それはそうと、OLさまは伊勢海老やオマール海老など大型の海老がとてもお好きのようですね。私も好きです。

ブリュッセルの駅のことですが、私は中央駅と南駅や北駅の間の小さな駅に停車する列車に乗った経験がありません。Lという標識の普通列車でさえ停まらなかったので、ひょっとすると現在使用されていないのではないかと思ったりもします。
2009/03/09(月) | URL | usagi #q1cvaNjE[ 編集]
祈り効果、素晴らしい
2009/03/10(火) | URL | まりー☆ #-[ 編集]
伊勢海老
>OLさま

伊勢海老など大型の海老がお好きと勝手に拝察しておりますが、行きたいとおっしゃっているサルデーニャでは時期が合うとaragostaという伊勢海老の一種が食べられますよ。
2009/03/10(火) | URL | usagi #q1cvaNjE[ 編集]
>usagi さま
パテは今回食べれなかったと思います。
パテ好きなので残念です。
牡蠣は食べたかったですね~
ベルギー名物のホワイトアスパラガスが時期でないのか
食べれなかったのが残念です。
大きなエビ大好きです!あのぶりぶりの感触と
食べてる!っていう大きさがたまりません!
aragostaっていう伊勢海老があるんですね~じゅるじゅる~
サルデーニャ島に行く時には、その伊勢海老がある時期を
狙っていくことにします!
本当にいろんな情報ありがとうございます。
帰ってきたばかりですが、また海外に行きたくなりましたー。

>マリーマリーさん
あなたのおかげです~
友人も祈りの効果にめざめたようです
導いてあげてください
2009/03/10(火) | URL | OLさん #-[ 編集]
細かいことですいません。
レストランの名前は「サングリア」より「サングリエ」としたほうが、よりワロン語の発音に近いと思うのですが。

ベルギー人の親切もさることながら、日本人料理人も気の利く方ですよね。

デザートの四角くて白い塊は、メニューを見るとやはりココナッツのようですね。
メインの伊勢海老はタイ風とのことですが、味付けにナンプラーでも使っていたのでしょうか?
2009/03/10(火) | URL | usagi #q1cvaNjE[ 編集]
> usagiさん
その点なのですが、私も迷ったのですが、コピーさせてもらった先の
「ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル」に、サングリアって書いてあったのですよ~
でも今サングリアで検索したら、ベルギー観光局と私のブログくらいしか
でませんね~ル・サングリエ・デ・ザルデンヌだともっと出るのに~
という事で、ル・サングリエ・デ・ザルデンヌに変更します。
せっかく参考にしたい方がいても検索にひっかからなかったら意味ないですからね。
ちなみに「ザルデンヌ」と「アルデンヌ」という違いもありましたが
「ル・サングリエ・デ・ザルデンヌ」、「ル・サングリエ・デ・アルデンヌ」
どちらがいいのでしょうね~

> ベルギー人の親切もさることながら、日本人料理人も気の利く方ですよね。

ほんと良かったです~。デュルビュイまで修行にきてるのですね~
昨日たまたまコンビニでトシ・ヨロイヅカさんの監修チョコレートを買ったときに
ふと検索したらトシ・ヨロイヅカさんはベルギーの三ツ星で修行&シェフパティシエ
だった事があるんですね~ちょっとびっくりしました。ベルギーは美食の町なんですね~
ヨロイヅカさんのサイトのシェフズストーリーを読んでベルギー出身の有名パティシエが
多いことをしりました~ピエール・マルコリーニとか
>
> デザートの四角くて白い塊は、メニューを見るとやはりココナッツのようですね。

ココナッツでしたか~あたっててよかった。時間がたつと忘れてしまった。

> メインの伊勢海老はタイ風とのことですが、味付けにナンプラーでも使っていたのでしょうか?

いや~ナンプラーの臭みはなかったです。上のもやしみたいなのが確かにタイ風っぽかったかも
(もやしラーメン風と私は思いましたがw)
2009/03/10(火) | URL | OLさん #-[ 編集]
>OLさま

単語がリエゾンするはずですから、「ル・サングリエ・デ・ザルデンヌ」のほうが発音に近い表記ではないでしょうか。

ヨーロッパで美食の国というとフランス、イタリアがまず挙がりますが、日本ではあまり認知されていないものの、ベルギーは両国に勝るとも劣らないと思います。

ホワイトデーが間近ですが、ベルギーへいくとチョコレート三昧になります。日本にもたくさんお店ができているレオニダスなどは、ご存知と思いますが現地ではとても安価なので、500グラム単位で買ったりします。

Antwerpenにデル・レイの本店がありますが、日曜日だから閉まってましたよね?ここのチョコレートの値段は現地ではピエール・マルコリーニと大体同じくらいと思いますが、私はデル・レイのほうが好みです。日本ではとんでもなく高価ですよね。

チョコレートの世界では、長らくトップランナーだったベルギーが近年フランス勢に押されていると耳にしますが、どうなんでしょう?
2009/03/10(火) | URL | usagi #q1cvaNjE[ 編集]
>usagiさま

ふむふむ、もしもこのブログを見た旅行者さんが違う発音で現地で通じないと困るので、「ル・サングリエ・デ・ザルデンヌ」にいたしましょー。アドバイスありがとうございます♪

そうですね~私も今回友人が誘ってくれて、調べなければベルギーはチョコレートとベルギービールの国でした。親にベルギーに行くといっても、「どこ?」と言われてしまい、「ベルギーチョコのベルギー、ベルギービールのベルギー」としか答えれませんでしたw

レオニダスは堂地下にできたのを見つけて買いに行きましたが、高かったですうう~

デル・レイ!アントワープで行く予定してましたが、チョコレートはゴディバ以外やってませんでした(涙)。イートインしようと思っていたのに残念です。デル・レイは大阪にもありました??東京だけかな?


> チョコレートの世界では、長らくトップランナーだったベルギーが近年フランス勢に押されていると耳にしますが、どうなんでしょう?

トシヨロイヅカさんのシェフズストーリでも、チョコではないですが、ベルギーのパティスリーの事に関してですが書いてありましたhttp://www.grand-patissier.info/ToshiYoroizuka/story/0059/index.htmlなかなか興味深かったです。レストランも星が減ったようですね。
2009/03/10(火) | URL | OLさん #-[ 編集]
>OLさま

フランスやドイツはもちろん、オランダと比べてもベルギーは知名度が低いんじゃないでしょうか。さすがにルクセンブルクよりは認知度は高いでしょうが。

エシレバターにせよ、チョコレートにせよ、どうして日本で買うとあんなに高価なのでしょう?腹が立つくらい高いです。

デル・レイは大阪にはまだ出店していないと思います。

鎧塚さんのホームページちょっと見てみました。教えて頂いて有難うございます。興味深いので、時間があるときに読んでみます。
2009/03/10(火) | URL | usagi #q1cvaNjE[ 編集]
>usagiさま
そのようですね~
ベルギーに行くといったら、また何で?珍しいね。とか言われました。

エシレは高いですね~
小さいサイズで¥500くらいしますからね。籠サイズより高い。
たまにエシレバターで作った食パンとか出してるお店とか
見て、ひえ~~~とか思ったりしましたが、ヨーロッパでは日本ほど
ひえー!と思わずに作れそう~
レオニダスもちょーーーっと買っただけで2000円弱くらいになりますしね。

> デル・レイは大阪にはまだ出店していないと思います。

バレンタインの時とかはガレーさんはきますが、デルレイさんはさすがにこないかな

>
> 鎧塚さんのホームページちょっと見てみました。教えて頂いて有難うございます。興味深いので、時間があるときに読んでみます。

私も偶然見つけて、ベルギーのとこだけ読みました~やっぱり共通点?知ってる部分が
あると面白く読めます。私はトシ・ヨロイヅカさんが守口プリンスホテルにいたのを
しってちょっとウケました~M下にいたので、守プリはよく仕事で手配してました~

2009/03/10(火) | URL | OLさん #-[ 編集]
>OLさま
いつでしたか、大阪か京都のデパートでデル・レイを見かけましたよ。臨時出店でしたけど。

へえー、鎧塚さんは守口プリンスホテルにいたんですね。
2009/03/10(火) | URL | usagi #q1cvaNjE[ 編集]
>usagiさま
そうなんですか!じゃ~もしかしたら今後また
臨時出店するかもしれませんね。
その時は買い損ねたチョコを買いにいきます~

そうなんです~守プリ出身なんです
意外と守プリ出身者で有名?な方とか
いるみたいです。
有名かどうかは知りませんが、大好きな
「デリチュース」も守プリ出身です
2009/03/11(水) | URL | OLさん #-[ 編集]
中央駅、確認しました
このGWに少しだけ立ち寄ったので、確認しました。確かにホームではほとんど表示は見当たりませんね。ただ自分たちは北駅(または南駅)の次が中央駅という思い込みがあるので、特に気にならなかったのでしょう。
間の小さな駅は、かなり目を凝らしていないと、気がつきません。
2009/05/20(水) | URL | エヌ柿 #JalddpaA[ 編集]
Re: 中央駅、確認しました
>エヌ柿 さん

> このGWに少しだけ立ち寄ったので、確認しました。確かにホームではほとんど表示は見当たりませんね。ただ自分たちは北駅(または南駅)の次が中央駅という思い込みがあるので、特に気にならなかったのでしょう。

見当たらないでしょ~。北と南の間が中央駅と分かっていても
その北と南(終点は南でしたっけ?)を見逃しちゃうと、混乱しちゃうんです
旅行者とかうっつらうっつらねぼけぎみなんで特に。
あった方がいいか、なくてもいいかと言ったら、あった方がいいのに~
何故でしょうね~

> 間の小さな駅は、かなり目を凝らしていないと、気がつきません。

私が見た時も一瞬見た気がしたような駅でした
2009/05/20(水) | URL | OLさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。