アクセスランキング
1代目OLさんが引退したので、その続きを書いていくわ♪
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ♪ベルギー旅行 1日目
2009年03月05日 (木) | 編集 |
え~ベルギーに行ってきました~。
ベルギーは美食の国として有名~国民1人当たりのレストランの数がヨーロッパ一多くて、かつ星付きレストランも多いらしい(今回のミシュランでどうなったか知らないけど)そして、ベルギーといえばチョコレート!ということで、外でうまうまー!しに行ってきました。

旅行日程は4泊6日。ツアーでなしに完全個人手配旅行~お初です。


《1日目》

ベルギー001 関空からルフトハンザドイツ航空で、フランクフルト経由してベルギーのブリュッセル航空へ出発~。さよ~なら~日本~

 今回乗った機材にはちゃんと一つ一つにモニターがついてました~


ベルギー260 ベルギー002
行きのメニュー。まず出てきたスナック類とスパークリングワインをプリーズ♪やっぱ酒っしょw

ベルギー003 ベルギー005
1回目の機内食~(売り切れで選択肢なし)と2回目の機内食~ペンネチョイス~
ベルギー004 そして途中で何故か鮭おにぎり~。

ベルギー006 途中フランクフルトで乗り換え、トータル約14時間でブリュッセル空港に到着~。フランクフルトでもブリュッセルでも空港内の移動がやたら遠かった。


ベルギー007 夕方以降にブリュッセル空港について、地下1階に下り1人3ユーロ払って他の旅行者についてって2番乗り場からAirport City Expressで約17分でホテルのある


ベルギー250 ブリュッセル中央駅
(Brussels Centraal)
へ。
(この中央駅には後日ヤラれたわ)


今回の旅での宿はお友達の希望でB&B(ベッド&ブレックファースト)に泊まることに。B&Bはホテルと違い(宿泊用にしてある)一般住宅の一室~ホテルとは違った楽しさがあって近年人気らしい~日本からブリュッセルのB&B「Bed & Brussels」http://www.bnb-brussels.be)というサイト(ベルギー観光局にも記載があるので安心?)を通して探してネットで申込み~言語は日本語のチョイスはできないが、英語はあるのでグランパレス周辺と写真を見て頑張って予約(って友達がしてくれたけど)

ベルギー033と行く前に地図である程度場所のチェックはしていたのだが、本当にこんなとこにあるんかいな~ってちょっと思っていた。だってその予約したB&Bのある場所が・・ギャルリ・サンチュベール Galeries St-Hubert!ブリュッセルの中心、グランプラスの近くにあるヨーロッパ最古の高級ショッピングアーケードの中なのだ~。いわば戎橋商店街の中にB&Bがあるようなもの。



ベルギー019でも予約確認書に書かれた住所はギャルリ・サンチュベールの中、まあどおやらショッピングアーケードの中にも上?は人が住む所になっているようで、ちゃんと途中途中に扉があってその上に番地を示す数字があったので、B&Bの番地を探す~。とお目当ての「15」の数字を発見!
<宿泊先>
B&B Vaudeville(M.Piwonski Pierre)
Galerie de la Reine,15 1000 Bruxelles
tel:+32 2 511 23 45/tel:+32 512 40 77




が、ここからが大変だった
ベルギー018ドア横にある表札には、どこにもホテル名&名前(サイトでは「B&B Vaudeville」となっていたが、予約確認書には個人名?の「M.Piwonski Pierre」となっていた)がな~い!!とりあえず呼び鈴を片っ端から全て押して「I have a reservation」を繰り返した、ベルギーは英語も結構通じるはずと聞いていたが、その度フランス語?オランダ語?で返され全て切られる始末Σ( ̄□ ̄;)!!

次に隣のチョコレート屋さんのおばさんに予約確認書を見せて聞いてみるが違うとの事→おばさんのアドバイスによりタクシーのおじさん達に聞いても、やはりショッピングアーケードの中だよとの返答~→戻り、15番地の扉を(友人が)ガンガンたたいて出てきた女性もやはり違うという。住んでる人に違うといわれちゃ~仕方がない、正直存在しない?ヤラれたかと思ったが、今度は他に同じ番地がないか、名前がないか探す事に~と「Vaudeville」という表札を「5」番の数字のとこで発見!喜び呼び鈴をならして出てきた女性に聞いたが結局違うとの事。もう一度元の15番へ戻ってみると右隣のカフェの名前が「CAFE DU VAUDEVILLE」! いやっ!もう!ここちゃう!ここじゃないの!きっとここよ!とカフェに入って店員に予約確認書を見せる~とその店員は「違うよ~」と、ああ~万策つきたわ~やっぱり電話してみようと思ったら、他の店員さんが、「違うよ~」と言った店員に何か話しかけた、すると上に上がっていってしばらくすると戻ってきて、”上に上がってきなよ”と言われたので、うーんお茶でも飲んで待てという事かしら?と思ったら、上にちょっとスパニッシュ系の女性(オーナー?)M.Piwonski Pierreさんが!(多分ね)あぁ~やっと出会えたわB&Bに~~。どうやらこのカフェのこのオーナー?の女性の人が副業的にB&Bをやってたみたい。でも同じ建物の人も隣も一部従業員も知らないってどういう事よw。後で気づいたが私の持ってたガイドブックにこのカフェが載ってて、その電話番号とこのB&Bの連絡先が一緒だったwww

とすったもんだがあったが、隣の15番地内にあるB&Bはとってもオサレで素敵だった~。
ベルギー017ベルギー039
やっと中に入れた~。エレベータは暗証番号式~。かわいい。
ベルギー011ベルギー008
ベッドサイドのランプやら壁の絵がとっても素敵~
ベルギー010ベルギー014
鏡の位置が高くて化粧が大変だったw
ベルギー015ベルギー013
バスタブがなかったけど、他のタイプにはバスタブ付きもあり。部屋のデザインも違う~
ベルギー036ベルギー038
家具も素敵~。キーホルダーが小便小僧!さすがベルギーw
ベルギー037

ちゃんとテレビもある~。
バスタオル、タオル、ボディソープ、シャンプー、ローションあり。
ドライヤー、歯ブラシ、リンス、バスローブ、セーフティBOXはなし。


こちらのB&Bは、どうやら着いたら電話するもんだったみたい。見つけるまでが大変だったけど、素敵な部屋、そして素晴らしい立地!に満足~。ちなみにこちらの部屋のタイプで1泊朝食付きで130.37ユーロ(2人で使用(ダブルベッド))、B&Bのサイトで申し込む際には、部屋代の一部が必要でカード決済だが、現地で残りの宿泊代はカード不可で、キャッシュオンリーなので注意。



☆トリップアドバイザーの「ベルギーのブルージュ」の”お役立ちリンク集”の「おすすめブログ」として掲載されました~→こちら
[続きを読む...]
スポンサーサイト

 ♪グアム 2日目
2009年01月05日 (月) | 編集 |
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


 ♪グアム 1日目
2009年01月04日 (日) | 編集 |
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


 ♪ドバイ旅行記(去年)
2008年10月24日 (金) | 編集 |
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


 帰国しました~♪
2007年10月19日 (金) | 編集 |
たらいま~

10月13日(土)~10月18日(木)まで海外旅行にいってました~

コメントの返事がその間できませんでしたーごめんなさいね。



ちなみに帰国と同じに風邪をひいてダウンしております。
なので旅行記はちと先に・・


さて、ここはどこ?

ドバイ1


ドバイ2


ドバイ6





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。